カフェを開こう

また、この会は、医療や福祉に関することだけでなく、子育てや教育など様々なテーマで哲学対話を行なっています。書評カフェでは、本を一冊取り上げ、本にまつわるテーマを設けて、ドリンク片手に参加者同士で自由に話し合っています。予約不要で、だれでも気軽に参加できます。午後のひととき、ドリンク片手に対話を通してテツガクをしましょう。

2023年1月5日木曜日

ソクラティック・ダイアローグ(SD)

ソクラティック・ダイアローグ(SD)は、哲学対話の1つです。

SDの目的は、対話に必要な姿勢を学ぶものです。

具体的な状況に基づく問題設定を探し出し、隠れた前提や条件を明らかにします。

SDは、以下のプロセスで対話を進めます。

1. 選ばれた例を挙げる

2. 例を吟味する

3. 問いをつくる

4. こたえを出す

SDに必要な4つの姿勢

  • 自分で考える
  • ともに考える
  • 具体的に考える
  • 合意形成に向けて考える
2月18日の書評カフェでは、上記のSDを応用して対話を進めていきます。
たとえば、1. の例は作品『高瀬舟』です。2. の例の吟味は、作品の内容からコアセンテンスを選び、吟味します。吟味の際は、なぜ自分がそのセンテンスをコアとして選んだか、根拠をあげていきます。そして、最後に、問い「安楽とは」に対するこたえを出します。

2022年12月19日月曜日

書評カフェ(対話ワークショップ)

書評カフェ

日時  : 2023年 2月 18日(土)13:3016:30


場所  : こうべまちづくり会館 6F 会議室1

                     神戸市中央区元町通4-2-14

          https://kobe-machi-kaikan.city.kobe.lg.jp


書 籍 : 森鴎外 『高瀬舟』

司会進行: 藤本啓子

参加費 : 1,000

予 約 : 必要    定員:15

主 催 : ウェル・リビングを考える会

      https://livingwillcafe.blogspot.com

協 力 : カフェフィロ https://cafephilo.jp

備考  : マスク着用、お出かけ前は検温をお願いします

申込み : 住所、氏名、連絡先を明記の上

      cafe_well_living@yahoo.co.jp(藤本)まで

1916年に『中央公論』に掲載された小説『高瀬舟』を用いて、「安楽」をテーマに哲学対話を行います。本カフェは「安楽死」の是非を問う場ではありません。当日資料を配布しますので、本を購入する必要はありません。小説を読みながら、SD(ソクラティック・ダイアローグ)の手法を応用し、対話を通して、参加者の皆様と問題の所在を明らかにしていきたいと思います。


SDとは少人数のグループで1つのテーマを巡って、進行役の下で「対話形式」で行われる哲学対話ワークショップです。本カフェでは、4つのセッションから成るSDの一部を応用して問題の所在を明らかにします。





2023年1月 まちなかカフェ・がん相談室

 2023年1月28日(土) 14:00〜16:00

参加費は 500 円(ドリンク代込み)で、ご予約は不要です。

場所は、JR 住吉駅北側、有馬道沿いにあるコーヒーショップ SAYAKA です。

神戶市東灘区住吉本町 2 丁目 13-15 新楽ビル2F 078-811-6873(アクセス案内専用)



まちなかカフェ・がん相談室は、がん患者さんやご家族が、医療現場を離れて悩みや

ニーズを共に分かち合う場、ピア・サポートの場です。がん専門の看護師やがん医療に

関わる専門家がアドバイザーとして参加しご相談をお受けいたしますが、治療方法など

をお勧めすることはありません。今、何を考えなくてはならないか、どのような情報が

必要かなどの情報提供に限らせて頂きます。守秘義務は厳守されますので、安心して

ご参加下さい。参加者はがん患者さんご本人かご家族に限らせていただきます。


がん性疼痛専門看護師、緩和ケア認定看護師、在宅ホスピス訪問看護師、臨床心理士等

のアドバイザーが、在宅での療養、抗がん剤、痛みや不安など、できるだけ患者さんの

お気持ちに寄り添いご相談させていただきます。


一人で悩まないで、同じ体験をもつ者同士が自分の体験を語り、他の方の話を聴くことを

通じて互いに支えあっていく場となることを目指しています。是非、ご参加ください。


相談日 毎月第4土曜(8月と12月は休み)

2023年 2月25日/ 3月25日



2022年11月3日木曜日

倫理カフェ(風りん房)

倫理カフェ

 

安易な身体拘束(あるいは身体抑制)は、人権擁護の観点から避けるべきですが、実際の医療・介護の現場では、患者や利用者の「安全」のため身体拘束が必要に迫られる場面もあります。本カフェは、身体拘束の是非を問う場ではなく、対話を通して身体拘束にまつわる「安全」について参加者と考えたいと思います。

 

日 時:2022年  12月 11日(日)13:30~16:30

会 場:こうべまちづくり会館 F  会議室1

            神戸市中央区元町通4-2-14

      https://kobe-machi-kaikan.city.kobe.lg.jp

テーマ:安全

  進 行:藤本啓子(カフェフィロ)

定 員:15名(先着順) お申し込みが必要です

対 象:どなたでも参加できます

参加費:500

主 催:ウェル・リビングを考える会 (風りん房)

協 力:カフェフィロ  https://cafephilo.jp

その他:マスク着用、お出かけ前の検温をお願いします。

 

お申し込み]

    氏名 ② 住所 ③ 連絡先を明記して、FAXかメールで、以下まで。

FAX0787356750   メール: cafe_well_living@yahoo.co.jp

ウェル・リビングを考える会(藤本)

 風りん房とは、風と倫理とカフェ(茶店)を合わせた言葉です。


  


まちなかカフェ・がん相談室

11月26日(土) 14:00〜16:00 

参加費は 500 円(ドリンク代込み)で、ご予約は不要です。

場所は、JR 住吉駅北側、有馬道沿いにあるコーヒーショップ SAYAKA です。 

神戶市東灘区住吉本町 2 丁目 13-15 新楽ビル2F 078-811-6873(アクセス案内専用)


まちなかカフェ・がん相談室は、がん患者さんやご家族が、医療現場を離れて悩みや

ニーズを共に分かち合う場、ピア・サポートの場です。がん専門の看護師やがん医療に

関わる専門家がアドバイザーとして参加しご相談をお受けいたしますが、治療方法など

をお勧めすることはありません。今、何を考えなくてはならないか、どのような情報が

必要かなどの情報提供に限らせて頂きます。守秘義務は厳守されますので、安心して

ご参加下さい。参加者はがん患者さんご本人かご家族に限らせていただきます。


がん性疼痛専門看護師、緩和ケア認定看護師、在宅ホスピス訪問看護師、臨床心理士等

のアドバイザーが、在宅での療養、抗がん剤、痛みや不安など、できるだけ患者さんの

お気持ちに寄り添いご相談させていただきます。


一人で悩まないで、同じ体験をもつ者同士が自分の体験を語り、他の方の話を聴くことを

通じて互いに支えあっていく場となることを目指しています。是非、ご参加ください。


相談日 毎月第4土曜(8月と12月は休み)

2023年 1月28日/ 2月25日/ 3月25日 


                お待ちしています。


2022年9月19日月曜日

がんカフェ(10月) 

 がんカフェ(リモート) 

ウェル・リビングを考える会は、医療現場を離れたまちなかのカフェでがん患者さんやご家族を対象にがん相談とわかちあいを行なっています。


今回は、がんを体験した人やその家族が、生きる力を発揮して知恵を育み、周りのいのちと共に生き、支え合うネットワークづくりを目的とした対話の場「ともいき京都」の活動についてご紹介いただきます。

 

日 時:202210月 30日(日)13:30~15:30

会 場Zoom 環境のある場所

テーマ:対話を通して支え合う                           

講 師:田村恵子(ともいき京都)

参加費:無料   予約が必要です

対 象:どなたでも参加可能

主 催:ウェル・リビングを考える会

    https://livingwillcafe.blogspot.com

協 力:カフェフィロ

申込み:ご住所、お名前、連絡先を明記の上、以下にお申し込みください。

メール:cafe_well_living@yahoo.co.jp(藤本)

 

 

まちなかカフェ・がん相談室

 https://silsmaria.amebaownd.com



絵本カフェ

絵本カフェ

 日 時 : 2022年  10月  29日(土)13:3016:30

場 所 : ボタン堂

神戸市須磨区月見山本町丁目6−13

山陽電鉄月見山駅下車 下り改札口すぐ前

絵 本 : 『ねこのムーのチューリップさくせん』

       え: おぐら とうこ  文:まがた ただみち

司会進行: 野村麻裕

話題提供: 藤本啓子(カフェフィロ)

参加費 : 500円(ドリンクは持参してください)

予 約 : 必要    定員:10

主 催 : ウェル・リビングを考える会

               https://livingwillcafe.blogspot.com

協 力 : カフェフィロ

備 考 : マスク着用、お出かけ前は検温をお願いします

申込み : 住所、氏名、連絡先を明記の上

cafe_well_living@yahoo.co.jp(藤本)まで




ソクラティック・ダイアローグ(SD)

ソクラティック・ダイアローグ(SD)は、哲学対話の1つです。 SDの目的は、対話に必要な姿勢を学ぶものです。 具体的な状況に基づく問題設定を探し出し、隠れた前提や条件を明らかにします。 SDは、以下のプロセスで対話を進めます。 1. 選ばれた例を挙げる 2. 例を吟味する 3. ...