カフェを開こう

また、この会は、医療や福祉に関することだけでなく、子育てや教育など様々なテーマで哲学対話を行なっています。書評カフェでは、本を一冊取り上げ、本にまつわるテーマを設けて、ドリンク片手に参加者同士で自由に話し合っています。予約不要で、だれでも気軽に参加できます。午後のひととき、ドリンク片手に対話を通してテツガクをしましょう。

2019年6月17日月曜日

対話ワークショップのご案内

人生のよりよい最期を迎えるために
   〜自分の生き方、死に方をあらかじめ考えておきましょう〜

日時   713日(土)13:0017:00(受付13:00〜)
会場   あすてっぷKOBEセミナー室1
参加費  無料    定員 50名   
申し込み 必要
話題提供 浜渦辰二さん 元大阪大学大学院教授 臨床哲学
     テーマ        脳死と植物状態
 
  話題提供のあと、参加者と「もしも植物状態となったら」
  自分、家族、専門家の立場で考える。

お申し込み:①住所、お名前、③連絡先(お電話番号かメールアドレス)④職業、
希望日を明記して、以下にお申し込みください。

ハガキ 〒654-0052 神戸市須磨区行幸町1丁目1−37−605
FAX     078-735-6750       E-mail: cafe_well_living@yahoo.co.jp
ウェル・リビングを考える会(藤本)まで

*すでにお申し込みされている方はキャンセルの場合のみお知らせください。
定員オーバーでお断りする以外は参加の可否についてお返事は致しません。
冊子『ファミリー・リビングウィル』をご持参願います。
*午前11時の時点で警報が発令された場合は、延期とします。



 日にち
    テーマ
話題提供
 
518日(土)
   済み
人工栄養
〜口から食べられなくなったら〜
藤本啓子

ウェル・リビングを考える会 代表
2 
615日(土)
済み
認知症
〜認知症患者のリビングウィル〜
日笠晴香
岡山大学 講師
臨床死生学
713日(土)
脳死と植物状態
〜植物状態になったら〜
浜渦辰二
元大阪大学教授
臨床哲学
9月21日(土)
心肺蘇生
〜人工呼吸器つけますか〜
会田薫子
東京大学
特任教授 死生学
1012(土)
がん
〜緩和ケアについて〜
田村恵子
京都大学 教授
臨床看護学
1116日(土)
慢性腎不全
〜人工透析続けますか〜
関本雅子
関本クリニック
理事(医師)
7
2020
118日(土)
哲学対話
〜ソクラティック・ダイアローグ〜
進行
堀江剛
大阪大学 教授
臨床哲学

本ワークショップは、異なる立場の人たちとの対話を通してACP(患者・家族と医療・福祉従事者が繰り返し対話を行い本人の意思を確認する)について考えます。

2019年5月29日水曜日

まちなかカフェ風・がん相談室

6月のがん相談室

日時:6月22日(土)14:00〜16:00
場所:コーヒー喫茶SAYAKA
参加費は、500円(ドリンク代込み)で、予約は不要です。
お問い合わせは、cafe_well_living@yahoo.co.jp(藤本)まで。

コーヒーショップSAYAKA  は、JR住吉駅から北へ徒歩2
神戸市東灘区住吉本町2丁目13−15    新楽ビル 2F
アクセス案内専用 078-811-6873


JR住吉駅改札口を出て右へ。左手に階段がありますので、階段を降りて構内を出ると、西に有馬道があります。有馬道沿いに北へ1分いくと、西側、赤壁薬局の隣にあります。

チラシはあすてっぷKOBEや、神戸市中央市民病院、西神戸医療センターなど、がん拠点病院のがん相談窓口や、神鋼記念病院においていただいております。

まちなかカフェ風・がん相談室は、

がん患者さんやご家族を対象に、医療(治療)の場を離れたまちなかのカフェで、がん専門看護師によるアドバイス、がんサバイバーによるピア・サポート、がんに関する情報提供の場です。

カフェとは「人が集う場」という意味です。

がん患者さんやご家族同士で不安や悩みを分かち合い、支え合い、情報を共有する「分かち合い」と、看護師による個別のご相談を行っています。最初にご希望をお尋ねしますが、個別相談の場合、人数によってはお一人の時間に限りがございますので、あらかじご了承願います。

がん専門看護師によるアドバイスは、治療に関する具体的なご相談はお受けしておりません。今、何を考えなくてはならないか、どのような情報が必要かなどの情報提供に限らせて頂きます。守秘義務は厳守されますので、安心してご参加下さい。

まちなかカフェ風(ふう)の<風>は、「〜のような」という意味ではなく、「留まることを知らない風(かぜ)のように」という意味です。

原則第4土曜の午後(14:00〜16:00)、ただし8月と12月はお休みです。
メールでのご相談は随時お受けしております。

相談日は
2019年 6月22日 / 727928/ 1026/ 1123
2020年 125日 / 222/ 328

ぜひ、お立ち寄りください。

2019年5月21日火曜日

対話ワークショップのご案内

人生のよりよい最期を迎えるために

    〜自分の生き方、死に方をあらかじめ考えておきましょう〜


第2回  認知症のリビングウィル
日時: 6月15日(土)  13:0017:00(13:00~開場  13:15〜開始)
会場: あすてっぷKOBE セミナー室3
              http://www.city.kobe.lg.jp/life/community/cooperation/asuteppu/
講師: 日笠晴香さん
     岡山大学大学院 ヘルスシステム総合科学研究科 臨床死生学 講師
参加費: 無料    定員:50名
お申し込み:①住所、お名前、③連絡先④お立場(職業)④希望日を明記して、
      以下にお申し込みください。        
ウェル・リビングを考える会(藤本)まで
グループ分けをしますので、お立場(役職)を必ず明記してください。

参加の可否は、定員オーバーでお断りする以外は特にお返事はいたしませんので、
お申し込みをされた方はご参加ください。



話題提供者(敬称略)
 
5月18日(土)人工栄養〜口から食べられなくなったら〜
        藤本啓子 ウェル・リビングを考える会 代表

6月15日(土)認知症〜認知症患者のリビングウィル
        日笠晴香    岡山大学大学院 ヘルスシステム総合科学研究科
             臨床死生学 講師

7月13日(土)脳死と植物状態〜臓器提供しますか〜
        浜渦辰二 元大阪大学大学院 臨床哲学 教授

9月21日(土)心肺蘇生〜人工呼吸器つかますか〜
        会田薫子 東京大学大学院人文社会系研究科
             死生学・応用倫理センター 特任教授
10月12日(土)がん〜緩和ケアについて〜
       田村恵子 京都大学大学院医学研究科 人間健康科学
            臨床看護学講座 緩和ケア・老年看護学 教授

11月16日(土)慢性腎不全〜人工透析続けますか〜
       関本雅子 関本クリニック 理事 緩和ケア医師


                 主催:ウェル・リビングを考える会
         助成:公益財団法人 在宅医療助成 優美記念財団 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アドバンス・ケア・プラニング(ACP)とは、私たちがよりよい最期を迎えるために
本人と家族、医療・介護関係者とが、繰り返し話し合い(対話)をして本人の意思を
確認する営みです。


本セミナーは、ACPは患者・家族と医療・福祉従事者が繰り返し対話を行うことが重要であることから、異なる立場の人たちとの対話の場(オープン・ダイアローグ)をワークショップに取り入れて、参加者の皆様と共に、自分の生き方、死に方について考えてみたいと思います。是非、ご参加ください。

オープン・ダイアローグとは

オープン・ダイアローグを支える主な理論は、平等主義、対話主義、社会的ネットワークのポリフォニー(多声)であることから、多職種の医療・介護専門家と、患者(利用者)・家族とが対等な立場で対話をする場です。

医師、看護師、介護士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、検査技師などの医療専門の方や、ケアマネージャー、介護福祉士、ヘルパーなどの介護従事者、MSWや社会福祉士などの福祉従事者、患者さんやご家族をはじめ一般の方のご参加をお待ちしています。

ワークショップでは、専門家と非専門家(市民)とが、それぞれグループに分かれて、もしものときの意思確認について対話をします。

専門職の方は、ACPに臨んで、患者や家族の意向を十分汲み取ることができるためにはどのようなことに心がけていけばよいか、患者や家族は事前にどのような心構えをしておけばよいか、ともに学び、考えていきましょう。
      
あすてっぷKOBEへのアクセスは
JR神戸駅北へ10分、高速神戸駅北へ7分 湊川神社の西側
神戸市営地下鉄大倉山駅から南へ徒歩5分

まちなかカフェ風・がん相談室

がん患者さんやご家族を対象に「まちなかカフェ・がん相談室」を開いています。
がん患者さんやご家族が、医療の場を離れて悩みやニーズを共に分かち合う場、
ピア・サポートの場です。がん専門の看護師やがん医療に関わる専門家が参加して
ご相談をお受けいたします。ただし、治療に関する具体的なご相談はお受けしてお
りません。今、何を考えなくてはならないか、どのような情報が必要かなどの情報
提供に限らせて頂きます。守秘義務は厳守されますので、安心してご参加下さい。

参加者はがん患者さんとご家族に限定されています。

日時:5月25日(土曜)14:00〜16:00  
場所:コーヒーショップ SAYAKA
参加費:500円(ドリンク代込み)   予約不要

基本は毎月第4土曜日 14:00-16:00ですが、8月と12月はお休みです。
2019年  6月22日 / 727928/ 1026/ 1123
2020年       125/ 222/ 328

カフェとは「人が集う場」という意味です。がん患者さんやご家族同士で不安や悩みを
分かち合い、支え合い、情報を共有する「分かち合い」と、看護師による個別のご相談
を行っています。最初にご希望をお尋ねしますが、個別の場合、人数によってはお一人の時間に限りがございますので、あらかじご了承願います。

コーヒーショップへのアクセス
JR住吉駅から北へ有馬道沿いに徒歩2分  赤壁薬局となり
神戸市東灘区住吉本町2丁目13-15   新楽ビル2F
アクセス専用電話番号 078-811-6873

お問い合わせ:cafe_well_living@yahoo.co.jp     



          






2019年3月31日日曜日

2019年度対話ワークショップのご案内

人生のよりよい最期を迎えるために


    〜自分の生き方、死に方をあらかじめ考えておきましょう〜

アドバンス・ケア・プラニング(ACP)とは、私たちがよりよい最期を迎えるために
本人と家族、医療・介護関係者とが、繰り返し話し合い(対話)をして本人の意思を
確認する営みです。

本セミナーは、ACPは患者・家族と医療・福祉従事者が繰り返し対話を行うことが重要であることから、異なる立場の人たちとの対話の場(オープン・ダイアローグ)をワークショップに取り入れて、参加者の皆様と共に、自分の生き方、死に方について考えてみたいと思います。是非、ご参加ください。

第1回 口から食べられなくなったら
日時: 518日(土)  13:0017:00
会場: 神戸市立総合福祉センター4第5会議室
参加費:無料    定員:50名
お申し込み:①住所、お名前、③連絡先④お立場(職業)を明記して、
      以下にお申し込みください。        
ウェル・リビングを考える会(藤本)まで
グループ分けをしますので、お立場(役職)を必ず明記してください。


話題提供者(敬称略)
 
5月18日(土)人工栄養〜口から食べられなくなったら〜
        藤本啓子 ウェル・リビングを考える会 代表

6月15日(土)認知症〜認知症患者のリビングウィル
        日笠晴香    岡山大学大学院 ヘルスシステム総合科学研究科
             臨床死生学 講師

7月13日(土)脳死と植物状態〜臓器提供しますか〜
        浜渦辰二 元大阪大学大学院 臨床哲学 教授

9月21日(土)心肺蘇生〜人工呼吸器つかますか〜
        会田薫子 東京大学大学院人文社会系研究科
             死生学・応用倫理センター 特任教授
10月12日(土)がん〜緩和ケアについて〜
       田村恵子 京都大学大学院医学研究科 人間健康科学
            臨床看護学講座 緩和ケア・老年看護学 教授

11月16日(土)慢性腎不全〜人工透析続けますか〜
       関本雅子 関本クリニック 理事 緩和ケア医師

  第2回の会場はあすてっぷKOBE セミナー室3です。


                 主催:ウェル・リビングを考える会
         助成:公益財団法人 在宅医療助成 優美記念財団 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オープン・ダイアローグとは

オープン・ダイアローグを支える主な理論は、平等主義、対話主義、社会的ネットワークのポリフォニー(多声)であることから、多職種の医療・介護専門家と、患者(利用者)・家族とが対等な立場で対話をする場です。

医師、看護師、介護士、作業療法士、理学療法士、薬剤師、検査技師などの医療専門の方や、ケアマネージャー、介護福祉士、ヘルパーなどの介護従事者、MSWや社会福祉士などの福祉従事者、患者さんやご家族をはじめ一般の方のご参加をお待ちしています。

ワークショップでは、専門家と非専門家(市民)とが、それぞれグループに分かれて、もしものときの意思確認について対話をします。

専門職の方は、ACPに臨んで、患者や家族の意向を十分汲み取ることができるためにはどのようなことに心がけていけばよいか、患者や家族は事前にどのような心構えをしておけばよいか、ともに学び、考えていきましょう。
      
JR神戸駅北へ10分、高速神戸駅北へ7分 湊川神社の西側
神戸市営地下鉄大倉山駅から南へ徒歩5分

2019年3月26日火曜日

まちなかカフェ風(ふう)がん相談室

医療機関を離れた、自宅でもなく、病院でもない、まちなかのカフェで、がん患者さんやご家族を対象に、がん相談室を開いています。


まちなかカフェ風・がん相談室は、がん患者さんやご家族が、医療の場を離れて悩みやニーズを共に分かち合う場、ピア・サポートの場です。がん専門の看護師やがん医療に関わる専門家が参加してご相談をお受けいたします。ただし、治療に関する具体的なご相談はお受けしておりません。今、何を考えなくてはならないか、どのような情報が必要かなどの情報提供に限らせて頂きます。守秘義務は厳守されますので、安心してご参加下さい。

     日時: 基本は、毎月第4土曜日 14:00-16:00ですが、
        8月と12月はお休みです
  
     2019年  427/ 5256月22日 / 727
        928/ 1026/ 1123/  
2020年     125/ 222/ 328

 場所:コーヒーショップ SAYAKA
参加費:500円(ドリンク代)   予約不要 

アクセス
場所:コーヒーショップSAYAKAJR住吉駅から北へ徒歩2分)
         神戸市東灘区住吉本町2丁目13−15 新楽ビル 2F
               アクセス案内専用 078−811−6873 

JR住吉駅の改札口を出て右へ進むと左手に階段があります。 
階段を降りると突き当たりにミスター・ドーナツがあります。
構内の外に出ると、左前方に信号がありますので、その信号を渡って
有馬道沿いに北へ1分進むと、道沿い(西側)にSAYAKAの看板が見えます。


ウェル・リビングを考える会(藤本)


対話ワークショップのご案内

人生のよりよい最期を迎えるために    〜自分の生き方、死に方をあらかじめ考えておきましょう〜 日時    7 月 13 日(土) 13:00 〜 17:00 (受付 13:00 〜) 会場   あすてっぷ KOBE セミナー室1 参加費  無料      ...